前回の事件は覚えておられるだろうか?



とあるエレゼン(Kazu)がかかお氏を撲殺し逃げていた話でございます。



さぁ、あの話の続きはいったいどうなっているのでしょうか…?



気になってないだろうけど、続き書いてみちゃいます!!




-----------------------------------------------------------------------------------------



さて…事件発覚後数分してFCハウスの方から誰かがたったったっと走ってくる足音が…






ffxiv_20170829_203851






あ、あれ…?




ffxiv_20170829_203851_Fotor






あれれれ…?



ffxiv_20170902_230436





かかおさんじゃん!?!?!?




か:「おや?みんなどうかしたのかな?俺の顔何か変??」



と、不思議がっていたらかかおさんも倒れている自分の姿に気づく



か:「なんじゃこりゃ!?」



シ&ア:「いや、こっちが知りたいですよ!これはいったいどういう…」




何がどうなっているのかわからないままみんなで悩んでいるとルーレットからあまっちが帰ってきました。




あま:「ふぅ〜疲れたな〜今日も、さて、わっちのかわいい魔法人gy…!!!!!!!?」




ffxiv_20170829_204041_Fotor





あま:「なんじゃ!!どうしたことじゃこれは!!わっちの魔法人形が壊されている!!!」
画像じゃ笑顔ですけど内心はかなりお怒りの様子…



まわりにいる人間は頭の上に???が飛び交っております。



1人あわあわしているあまっち、事情が徐々に飲み込めてきた周りの人間たち。




これは、あまてらすさんのいたずら…? 



いやまてまて、いたずらにしては頭から血が流れている…?



あま:「あーー、採集してきて荷物溢れそうだったから人形の頭に入れておいたわっちのゼーメルトマトが… どうしてくれるんじゃーー!!!」




怒りにまかせたあまっちは周りにいる人間に無差別に鼻にどんぐりをかましまくります。




ffxiv_20170829_204118_Fotorffxiv_20170829_204401_Fotor
 





そして、あまりの悲しさに天の岩戸という名の鎧に身を包み身を隠したのでした。




誰も自分を岩戸から出すために踊ってくれる人がいないので自ら弟子を巻き込み踊りまくるあまっちでありました。






ffxiv_20170903_181333
 




この後、気分があがりすぎたあまてらすの手により太陽の輝きが増しすぎ、エオルゼアで猛暑日が続き、熱中症患者が大量発生したそうな…。





ア:「結局事件でも何でもなかったですね…。いったい僕らの立場とこの記事の意味って…」




シ:「いくらネタとはいえ、扱いが雑ですよね…。ひどいひどい!!」





--------------------------------------------------------------------------------------------






一方その頃…




自分が殺っちまったと勘違いして逃亡しているKazuはというと…





ffxiv_20170908_224608

「オルシュ…俺どうしたらいいかな…もう君の手も借りられないと俺逃げる場所ないよ…」



と、遠くクルザスまで逃げ延びておりました。


さぁ、彼に無実の報が届くのはいつになるのでしょう?




























最後にこんな一枚が…

ffxiv_20170902_222043
 







あれ、誰か倒れているぞ…?








おしまい。